【超簡単】バーベキューで使える「火おこし術」と「網の掃除術」を紹介!超便利です!

うわの空ブログ管理人の翔です。

今回は、バーベキューで絶対に役立つ「火おこし術」「網の掃除術」を紹介したいと思います。

6月も中旬を過ぎて、もうすぐ夏本番です!やっぱり夏といえばバーベキューに行く機会も多くなりますよね。

ただ、バーベキューって楽しい反面、準備や片付けが大変だったりします。

特に男性の場合、火おこし担当に任命されることも多いのではないでしょうか。

うちわ片手に汗だくになりながらの火おこし・・・。

考えただけでも、ちょっと行きたくなくなります。(極端かっ。笑)

でも、ご安心ください!

今日からあなたは超クールに火おこしできます!

早速やり方を書いていきましょう。

Sponsored Link

簡単火おこし術

準備する物は、新聞紙ライター(マッチ)3つだけです。

この方法では着火剤なんていう特殊アイテムはいりません。笑

まず、1枚の新聞紙を半分に切り、ねじって棒状にします。

ねじり新聞

↑これぐらいのサイズでOKです。(ねじるのは、すぐに燃えてしまうのを防ぐ為)

これを10本作ってください。

続きまして、新聞棒を2本ずつ交互に置いて、積み上げていきます↓(ミニチュアで作ってみました)

ミニキャンプファイヤー

上から見るとこんな感じ↓

ミニキャンプファイヤー上からの絵

大体4段くらいまで積んでいき、キャンプファイヤーみたいなのができたら完成です。

とりあえず、これのことをキャンプファイヤーと名付けましょう。笑

次に出来上がったキャンプファイヤーの周りに炭を並べていきます。

最終的に、キャンプファイヤーを覆い隠す形にしてください。↓(できるだけ綺麗に並べてね)

ミニキャンプファイヤーに炭をのせる

あとは、新聞に着火するだけです。

その状態でおおよそ3分ぐらい放置すれば、炭に火が移り、火おこし完了です。

どうですか?簡単すぎでしょ!

むしろ今まで滝汗流して火おこししていたのが、バカらしく思えますよね。

YouTubeに考案者である西岡謙一さんの動画があったので、載せておきます。

最初からこれを見せろとか言わないでね。笑

これで火おこし術は完璧です。あとは好きなように楽しんでください。

ただ、最後には忘れちゃいけないお片づけタイムが待ってます。

もうこの頃には、楽しみ過ぎて疲れた状態だと思いますが、しっかり片付けていきましょう。

最後の片付けの中で、やっぱり大変なのが、網のお掃除ですよね。

いろんな物を焼いた網は焦げ付きがすごくて、手で洗おうと思ったら超大変です。

もちろん、この掃除も男が担当することになるでしょう。(男は大変だ)

でも、安心してください。

もう網洗いで水浸しになることはありません!

簡単にできる網の掃除術

Sponsored Link

準備する物は、アルミホイルだけです。

注意点としては、火を消す前に取り掛かってください。

というのも、この方法は何も無くなった網の上に、アルミホイルを被せます。(火がついた状態です)

あとは10分ほど放置。

すると、網についた焦げ付きが炭になり、勝手にボロボロ落ちてくれるんです。

もうお掃除というより、勝手に綺麗になってくれます。

いかがですか?

これでバーベキューに向かう足取りも軽くなったのではないでしょうか。

一応、火を使うことになるので、くれぐれも火傷には注意してくださいね。

あとマナーも忘れずに!

というわけで、私は明日バーベキューに行ってきます!(タイムリーだね。笑)

皆さんもできる限りラクしてバーベキューを楽しんでくださいね。

お知らせ

最近、私と同じようにブログで生活しているお友達を募集しています。

合わせて相互リンクも募集中ですので、興味のある方はお声がけください。

ツイッターまたはメールにてご連絡お待ちしております。

どうぞ宜しくお願い致します。

ツイッター:@UWANOSORA_COM

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ