認知症予防&改善に効く、簡単なデュアルタスクトレーニングとは?

うわの空ブログ管理人の翔です。

今回は認知症対策に効果が高いとされている、「デュアルタスクトレーニング」について書いてみたいと思います。

デュアルタスクトレーニングと聞くと、難しそうな響きですが、決して難しいことではないので、ご安心ください。

私の祖母も80歳の時に、「認知症」という診断を受けているのですが、今回紹介するようなデュアルタスクトレーニングを始めたことで、進行が改善傾向にあるのを身近で見ています。

歳を取って物忘れが激しくなることは、人間である以上、仕方のないことではありますが、若いうちから少しづつでも意識することが大切だと思います。

ではまず、認知症の実態に軽く触れておきましょう。

Sponsored Link

認知症の実態

厚生労働省の調査によると、65歳以上の認知症患者は約462万人にものぼり、さらに軽度認知症も合わせれば、65歳以上の4人に1人が認知症予備軍とされているようです。

次に予防と改善に効果があるとされる、デュアルタスクとはどういったものなのかを説明していきます。

デュアルタスクとは?

2つの課題を同時に行うことを指しており、二重課題とも言われます。

例えば、車を運転しながら誰かと話したり、テレビを見ながら料理をしたりすることなどが、これに該当すると言えるでしょう。

ようするに、「ながら行動」というやつです。

デュアルタスクの効果

デュアルタスクを行うことで、脳の記憶をつかさどる海馬を刺激しながら、実行機能を持つ前頭葉を鍛えることができると言われています。

これが認知症の予防や改善に効果があるというわけです。

続いて、簡単に行えるデュアルタスクトレーニングの例を、あげてみたいと思います。

デュアルタスクトレーニングの例

①会話をしながら料理をする。
誰かと一緒に料理を作ることで、自然に話しながら作業を行うことができます。家族でもいいので、簡単に実施できる方法です。

②洗濯物をたたみながら、テレビを見る。
1人でトレーニングできるので、1番簡単な方法かもしれません。

③会話をしながら散歩をする。
若い内から予防する場合に、良い方法です。認知症だけでなく、運動不足も解消できます。

あくまでも例なので、これぐらいにしておきます。

正直、どんな組み合わせでも作れるので、自分にあったデュアルタスクを実践してみましょう。特に家事をするときに、意識すればいくらでも作れます。

最後に

今回は認知症予防&改善の方法として、デュアルタスクを紹介しましたが、少し意識をすれば、すぐに実践できるものばかりです。

若いから関係無いではなく、日頃からの意識だけでできるなら、やってみようという感覚で実践して頂ければいいと思います。

私の祖母の場合、すでに認知症と診断されているので、難しいデュアルタスクトレーニングはできませんが、本の音読や、そろばんを使った簡単な計算などをやっているようです。

健康というものは、正面から向き合うと大変ですが、少し意識をするぐらいであれば今からでもできるものばかりです。

健康な体で人生を最大限、楽しみましょう。

お知らせ

ツイッターのフォロワー様が100人を超えました。

皆さん、ありがとうございます。

まだまだ募集中ですので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。直接のメッセージには100%お返しします。

ツイッター:@UWANOSORA_COM

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ