スマホ中毒者は要注意!ストレートネックが原因の肩こり・頭痛とは?

うわの空ブログ管理人の翔です。

今回は、週刊ポストに記載されて、注目が集まっている「ストレートネック」について書いてみようと思います。

皆さんは、スマホやパソコンを1日どれぐらい触っていますか?

どちらも、一日中使っているという方は、ストレートネックに注意が必要と言えます。

私も仕事柄、毎日何時間もパソコンと向き合うので、自分に言い聞かせる意味でも記事にまとめてみたいと思います。

それではさっそく書いてみましょう。

Sponsored Link

ストレートネックとは?

neck
本来、首の頚椎が30〜40度曲がっているのが正常ですが、ストレートネックの場合は、文字通り「まっすぐ」になる状態をいいます。

人間の頭部は約20キロあると言われており、頭部の重さを軽減するために、少し曲がっていることが望ましい形です。

ストレートネックになることで、首、肩に直接負荷がかかり、慢性的な頭痛や肩こりのを引き起こすと言われています。

ちなみにストレートネックは、病気ではありません。猫背とかゆがみに類似します。

症状例

・頭痛が頻繁にある。
・肩が凝りやすい。
・後ろを向くのが辛い。
・上を向くのが辛い。
・枕が合わない。
・吐き気がする。

上記に書いたことが、何個も当てはまるようだと、ストレートネックである可能性が高まります。

どんな人がなりやすい?

①下向き姿勢が多い人
長時間のパソコン作業やスマホ操作が多い人など、下を向く姿勢を慢性的に行っている人は注意が必要です。私はこれに当てはまりました。

②高さがある枕を使っている人
極端に高い枕を使われている人は、首が通常の曲線とは逆に固定されるので、ストレートネックになりやすいと言われています。

③椎間板ヘルニアがある人
これに関しては、首の椎間板ヘルニア持ちの人を指していて、それが原因によるストレートネックです。

改善策

①首をそらす運動をする。
下を向く作業を長時間行う場合は、1時間に1回のペースで天井を見上げる運動をしましょう。首のストレッチになり、ストレートネックになるのを防げます。

②お風呂に入る。
違う記事でも書きましたが、シャワーではなくお風呂です。お風呂に入ってしっかり温めることが、改善につながります。

③首枕にする。
枕の代わりに、バスタオルなどを円柱状に巻いて、首下に敷くことで改善できるとも言われています。あまり大きなタオルだと高くなりすぎるので、注意してください。

当然、症状がひどい場合や、ストレートネックの疑いが強い場合には、整形外科などに行くことをおすすめします。

まとめ

ここまで色々書きましたが、結局は意識することが1番大切だと思いました。

特にストレートネックは、普段の姿勢と運動不足による部分が多く、意識するだけでも改善できることです。あとはパソコンやスマホは過度に使用せず、健康的に過ごしましょう。

今回紹介した「ストレートネック」の改善に良い枕があるので、一応載せておきます。

パワーポジションボール

新品価格
¥1,500から
(2015/3/18 22:10時点)


ただ、日々の生活を改善すれば、ほとんどの場合で改善できるので、安易に購入せず、できることからやってみることをおすすめします。

お知らせ

うわの空.comへの来て頂いたお客様が1,000人を超えました。

皆様、本当にありがとうございます。

まだまだ未熟者ですが、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

ツイッター:@UWANOSORA_COM

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ