新型カローラがマイナーチェンジを発表!外見の変更点を解説します。

うわの空ブログ管理人の翔です。

今回は2015年3月30日に発表される「カローラのマイナーチェンジ」について書きながら、元カーリース会社に勤めていた知識を使って、ハイブリット車の必要性やコスト面について書いてみたいと思います。

これから初めて車を買われる方に、どうやって最適な車を選べばいいかをお伝えできれば幸いです。

前職の知識を使って記事にしていくのは初めてですが、まずは簡単にカローラの歴史を書いてみましょう。(いらない方は読み飛ばしてください)

Sponsored Link

カローラの歴史

初代カローラ画像
引用元:トヨタ自動車公式HP

日本が経済的に急成長をしている1966年に大衆向け自家用車として登場したのがカローラです。
ちなみにカローラとは「花の冠」という意味があり「ハイコンパクトカー」という分類で世に送り出されました。

当時は自家用車を持つこと自体、まだ一部の人しか叶えられない時代でしたが、その中でもリーズナブルな価格帯で販売されたカローラは爆発的な人気を集めたそうです。

そこから順を追って話をすると長くなるので割愛しますが、発売当初の初代から2000年の時点で9代目まで様々なチェンジを繰り返してきました。

9代目の頃には元々1種類で売り出されていた時とは違い、「カローラ」「フィールダー」「ランクス」と3種類に分類されるようになりました。

2015年の今では「ランクス」の販売が中止となり、「カローラアクシオ」と「カローラフィールダー」という2種類で販売されています。

それではまず2015年3月時点の「カローラアクシオ」「カローラフィールダー」の性能を見てみましょう。

カローラ現行モデル

カローラアクシオの価格は1,416,343円〜で、カローラフィールダーは1,575,772円〜となっています。(トヨタ公式HPより)

どちらもハイブリット仕様が用意されており、カローラフィールダーの方が若干高く価格が設定されています。

カローラアクシオは後ろの荷室(トランク)と人が乗る空間が、完全に分かれているセダンタイプです。対してカローラフィールダーは荷室と人が乗る空間が一緒になっているハッチバックタイプと呼ばれます。

一般ユーザーにはカローラフィールダーの方が人気で、カローラアクシオは法人の営業車として使われることが多です。

元々は営業車としての需要が多い車でしたが、木村拓也がカローラフィールダーのCMに採用された頃から若者のマイカーとして人気が出てきた車ですね。

ガソリンタイプでの燃費はどちらも1ℓあたり20kmを切るぐらい走れるので、燃費のいい車と言えます。

ハイブリットタイプになると1ℓあたり33kmも伸びますので、国内最高燃費に近いです。ただし車体金額が50万円近く跳ね上がります。

現行モデルの詳細は下記にリンクを貼っておきますが、車のカタログを見たことがない人には意味がわからないと思うので、形とか色を確認したら戻ってきてください。笑

現行モデルのカローラアクシオ詳細
現行モデルのカローラフィルダー詳細

では注目されているカローラのマイナーチェンジについて少し話していこうと思います。

カローラのマイナーチェンジについて

新型カローラ
2015年3月30日に発表となるので、画像は暫定のものです。発表後も発売までの間にデザインが変わることもあるのでイメージ程度に見て頂ければと思います。

最近のマイナーチェンジの傾向として、北米を意識した鋭い顔に変わる傾向があります。

個人的な意見では結構かっこいいと思いました。日本で販売されているサイとプリウスの間のサイズで、顔はヴィッツと言ったところでしょうか。重厚感があっていい感じです。

燃費も1リットルあたり23kmまで伸び、衝突防止機能が加わったことが大きな変化と言えるでしょう。

ちなみに衝突防止装置はハイブリットGグレードに標準で付き、他のグレードではメーカーオプション(発注前しか付けられないオプジョン)になる予定です。

詳細に関してはとりあえずリンクを貼っておきますね。また改めてまとめます。
カローラフィールダーマイナーチェンジ詳細ページ

次に正しい車の選び方を書いていこうと思います。

最適な車の選び方

Sponsored Link

車選びをする時のポイントをステップ毎に挙げていきましょう。

①車を買う理由
これが一番大切です。自分が新しく車を買う目的を明確にしてください。車を購入する時には何かしらの目的があると思います。

通勤に使うのか営業に使うのか、はたまたモテるために使うのか色々あると思いますが、とりあえず車を買おうと思った理由を明確にしていきましょう。

②乗車する人数を把握する
車にも様々なサイズがありますが、サイズよりも先に乗車する人数を把握しましょう。例えば通勤に使うなら基本1人か2人、家族で使うなら5人とかが想像できます。

ここをしっかり把握しないと車を買った後で、結構損をします。「デザインのみがすべてだ!」と言われる方はその言葉を忘れずに車を購入してください。笑

③予想走行距離を出してみる
月間でどれぐらいの距離を走る予定か算出してみてください。コストに関わるので気合を入れて算出しましょう。

例えば一般的な主婦の場合、買い物に毎日出かけても月で300km程度です。逆に通勤から営業まで使われるような方は月間2,000km程度走ることが予測できます。

自分の使い方を想像してある程度の月間走行距離を出してみてください。

④車種タイプを決める
ようやくここまできて車を選んでいきます。①〜③で思い描いた用途に合う車を絞っていきましょう。

ここでのポイントは燃費です。よく「月間走行距離が500kmも走るからハイブリット車だな!」なんて言う方がいますが、逆に月間500kmしか走らないなら絶対にガソリン車の方がコスト的にメリットがあります。

今のガソリン価格が1ℓあたり130円程度なので、月間走行距離が2,000kmを超えるような使い方をしない限り、ハイブリット車を選ぶメリットはありません。

逆に月間2,000kmを超える可能性が高い場合は、ハイブリット車に絞って選びましょう。

ここを間違えると将来的なコストの部分で数十万円単位で損をするので、慎重に行ってください。

⑤自分好みのデザインを選ぶ
ここまで来たらもう最後は自分の好みの問題です。

①〜④まで絞って行けば、だいたい3車種から4車種程度になっていると思います。形や乗り心地から最後の1台に絞りましょう。ここでの注意点はだけです。

色に関しては車のイメージの大部分を占める要素になりますが、あまり奇抜な色を選ぶと売る時の査定に影響を与えます。(約10万円程度)

一般的には、黒・白・シルバーが人気の8割以上を占めており、残りの2割に当てはまる色は査定時に不利です。特に大型車や高級車で変わった色を選ぶと20万円から下手すると50万円も下取りの時に変わってきます。(本当ですからね!)

とは言ってもここまでしっかり絞ったわけなので用途的な障害は一切ありません。今回買う車を乗りつぶすつもりであれば関係ないので、まぁ自由に選びましょう。

以上の5つが車を買う場合のポイントになります。

上記のポイントをしっかり確認して購入すれば、車選びを失敗することはありません。

最後に買って得するマル秘の車種を公開して終わりたいと思います。

元カーリース営業マンが選ぶオススメ車種

まずは今回の記事タイトルにも使っているカローラですね。カローラは日本だけでなく海外でも人気が高いので、最終下取りに出すときに高く売れます。

しかもガソリン車で1ℓあたり20kmも走るので、オールマイティに使えるところがいいですね。

ヴィッツやアクアもいいですけど、どうしても海外に売れるサイズではないので、カローラよりは下取り率が低くなりがちです。

ちなみにプリウスをオススメしない理由は、すでに出荷台数が多くて、そこまで下取りの待遇が良くないからです。(いい車であることは間違い無いですけどね)

最後に超絶オススメする車がランドクルーザーです。正直言ってこの車は反則級に得する車と言ってもいいでしょう。

時代に反して1ℓあたりの燃費は5kmほどと最悪で、日本で生活する上ではデカすぎるのが弱点ですが、この車は下取りの時に真価を発揮します。

なんとこの車、1年でコロコロ乗り換えていけば、買った時の初期費用+ガソリン代で掛かった金額で高く売れてしまいます。初期費用さえあれば実質タダで車に乗ることができてしまう夢の車です。(車庫代はかかります)

理由としてはサウジアラビアなどで軍用車として使われていることがあげられます。

世界でも超一流である日本車で、かつ屈強なボディを持っているのはこのランドクルーザーしかないので、中古車市場でも相当な高値で取引されています。

しかも一時的なものではなく、ここ10年以上の実績があるのでかなりの安定性です。

ここだけの話、トヨタのディーラーさん達はほとんどこの車をマイカーにしています。それほど得する車ということです。

もちろん初期費用が必要なのは最大の弱点になるので、とりあえず初めて車を買われる場合はカローラフィールダーに乗って、5年後にランドクルーザーにするのがいいと思いますよ。

ランドクルーザーの詳細はこちら

業界人でしか知る由もない話をしてしまいましたが、皆さんの力になれればなんでもいいです。笑

もっと詳しく聞きたいことがあったら、ツイッターで直接聞いてください。基本的に何でも教えちゃいます。(一体何者だ。笑)

ちなみに車を高く売るなら「一括査定」が一番ラクです!私の友人が作っている一括査定サイトも参考にしてやってください。

今回の記事では、カローラのマイナーシェンジから派生して車の選び方までを紹介しましたが、単純にハイブリットだからいいとか、ガソリン車だから悪いということはないので、もし今後車の購入を検討される時には参考にして頂ければ幸いです。

お知らせ

トップページを新しく設定して、好評公開中です。

いつも遊びに来て頂き、本当にありがとうございます。

これからも、色々な情報を公開していきますので、どうぞ宜しくお願い致します。

ツイッター:@UWANOSORA_COM

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ