ネット上で高校生活!?卒業資格も取れるサイバー学習国のシステムとは?

うわの空ブログ管理人の翔です。

今回は、ネット上で高校生活が送れてしまう「明聖サイバー学習国」について書いてみたいと思います。

ついにここまで進化したかと思う反面、やり過ぎ感もありますが、本気で悩んでいる人の助けになればいいですね。

果たしてどんなシステムなんでしょうか。

早速書いてみたいと思います。

Sponsored Link

明聖サイバー学習国とは?

学校法人花沢学園明聖高等学校が運営するバーチャル高校です。

バーチャルな高校

自分のアバターで登校し、そのままネット上で授業やテストを受けることができるようです。

何よりもすごいのが、このシステムで高校に通えば(?)、しっかり高校卒業資格を取得できてしまうというところです。

一見やり過ぎなシステムにも見えますが、実際に引きこもりをしている人や、学校生活でのトラブルで悩んでいる人にとっては画期的なシステムと言えるでしょう。

明聖サイバー学習国の学習システム

普通の高校へ通うのと変わらない内容で授業が組み込まれています。

唯一違うところを挙げるとすれば、各カリキュラムが「単位制」になっているところです。ようするに大学のようなスタイルで、学習の進捗を管理しています。

ちなみに授業やテストに関しては、ほぼ全てネット上で受講可能です。

もちろん一方通行な授業ではなく「サイバーチェック」というシステムで、生徒の理解度を確認します。この時に理解度が不十分な場合は「スクーリング」という個別サポートでフォローが入るそうです。

変な話、ここまでしっかりした体制でやってもらえるのであれば、授業中に寝ている学生よりも学習レベルが高いように感じますね。

この高校に3年在籍し、74単位(必修含む)以上取得すれば、高校卒業の資格を手に入れることができます。

学校でのコミュニケーションはアバターで行う

高校生活といえば勉強だけに限らず、人とのコミュニケーションが必要です。

それをネット上でサポートするのが「アバター」です。もちろん青いアバターではありません。笑

高校生活で使用するアバター

イメージ的にはアメーバピグで使われているようなアバターに近いです。

この部分は完全に仮装現実になってきますが、人との直接的なコミュニケーションが難しい状態であれば仕方ないのかもしれませんね。

仮装空間に学校があり、教室から実験室や運動場まで準備されています。

普通の学校生活では授業後に遊ぶこともあるので、そういった遊びの空間まで準備されており、人とのタイムリーなコミュニケーションをとることも可能です。

ここでゲットしたポイントでアバターを着せ替えることもできます。

アバター用のアイテム

ちょっとここまでやってしまうと、本当に外に出なくなるので、この部分は個人的に微妙な点だと思いました。

やっぱりここで学習する目的は、あくまでも将来的に社会復帰して、普通の生活に戻すことにあると思うので、あまりにも充実したサービスが多いと卒業せずに、ずっとバーチャルな世界に浸ってしまうリスクがあると思いました。(個人的な意見です)

明聖サイバー学習国の授業料

Sponsored Link

まず受験をするのに7,000円掛かります。

その後、無事試験を通過した際に掛かる費用は、入学金40,000円、授業料180,000円、施設費10,000円、教材14,000円となっています。

一般的な公立高校で年間約38万円ほど掛かると言われているので、費用としては安い方だと思います。一般的な通信制の高校と同じぐらいの相場ですね。

もちろん一般の高校と違って、課外活動や修学旅行などがない分安い設定になっています。

加えて、今なら文部科学省の「高等学校等学習支援金制度」が適用されて、大幅な減免になる可能性もあるそうです。(所得などによって左右されます)

これなら金額的な理由で入学できないということは避けられそうですね。

明聖サイバー学習国を記事にした理由

今回私がこの学校を記事にしようと思った要因は2つあります。

1つ目は単純にビジネスモデルとして画期的なシステムだと思ったからです。

現代の社会では若いうちから不登校やうつに悩んでいる人も多く、こういった市場ニーズに応えるようなシステムだと感じました。

2つ目は、このシステムで救われる人が想像できたことです。

10代の若者がいじめや家庭環境のせいで引きこもりになるケースが多い中で、最悪の場合、人生を終わらせてしまう人もいます。

正直言ってこのような悲しい話は、別に珍しいことではありません。そして何より本当にもったいないです。

しかも、追い詰められた若者に社会は冷たかったりします。

何も学校に行くことだけが人生でもないですし、学校を卒業しなくても人生を楽しむ方法なんていくらでもあると思います。

そういった若者を一部でも救える可能性があるシステムだと思うので、このシステムが大きく進展して欲しいと感じました。

あくまでもこのシステムが完璧だと言っているわけではなく、死という選択をする若者が少しでも減れば、それだけで価値があると思いました。

まとめ

最後の方は珍しく真面目に語ってしまいましたが、実際人生なんて生きてさえいれば楽しく出来てるもんです。

若い内から死を選ぶぐらいなら、こういったシステムを試してみるのもいいと思います。

たぶんこのシステムに対して、大人は賛否両論あると思いますが、そんなことは関係ありません。

実際に悩んでいる人の選択肢が増えるのであれば、それだけで価値のあるシステムだと感じました。

身近で悩んでいる人がいたり、自分自身が悩んでいるのであれば、検討してみてください。

明聖サイバー学習国の公式ページは下記リンクよりどうぞ。
明聖サイバー学習国公式ページはこちら

まぁ30手前で無職のおじさんが笑って生きていけてるので、何事も悩み過ぎずに人生楽しみましょう。

さて、アメーバピグでもして遊ぼうかな。笑

お知らせ

最近、私と同じようにブログで生活しているお友達を募集中です。

楽しいこと、ツラいことを共有できれば幸いです。

ツイッターまたはメールにてご連絡お待ちしております。

どうぞよろしくお願い致します。

ツイッター:@UWANOSORA_COM

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ