もはや特殊メイク!?海外の「唇アート」が芸術的すぎる!

うわの空ブログ管理人の翔です。

今回は、日本でも流行りつつある「唇アート」について書いてみたいと思います。

元は海外で生まれたメイク術ですが、最近は原型がズレてきていますね。笑

なにはともあれ書いていきましょう。

Sponsored Link

「唇アート」とは?

海外のハロウィンパーティなどで用いられるメイク術です。

唇アート

唇アート1

ご覧の通り、唇自体を派手に見せるメイクで、自分でやるには相当なセンスが必要となります。

逆にこれぐらいのクオリティでできたら、パーティでは間違いなく人気者になれるでしょう。

日常生活でやるというよりは、イベント時にやるフェイスペイントに近い印象ですね。

決してデート時にやるメイクではないので気をつけてください。笑

最新の「唇アート」は違う?

最近では日本でも流行ってきている唇アートですが、当初のやり方とずいぶん変わってきています。

むしろ全くの別物です。笑

元は上記のように、唇を派手に見せるメイクでしたが、最近はキャラクターになりきるメイクになっています。

例えばこちら↓(クリックで拡大できます)

最新の唇アート

最新の唇アート1

もはや唇アートというより、特殊メイクですよね。笑

もちろん本人が話せば、キャラクターがしゃべっているような動きになります。

この唇アートは、ロンドンでメイクアップアーティストとして活躍するローラ・ジェンキンソンが開発した方法ですが、正直言って使い道がわかりません。笑

ただツイッターやFacebookなどで話題になっているのは、むしろこっちの方法です。

まぁ用途はないにしても遊び心は満点ですよね。

女子会などでやれば、みんなで盛り上がれるかもしれません。

もちろん作成するには、高度な絵心大量の化粧品が必須になりますが。笑

むしろ友達同士で書き合った方がいいかもしれませんね。

生みの親であるローラ・ジェンキンソンのサイトには、数多くの参考画像があるので、興味がある方はチェックしてみてください。(海外サイトです。)

ローラ・ジェンキンソンのサイトはこちら

もうここまでやるなら、顔全体を使った方が簡単な気もしますが、それには触れないでおきましょう。笑

それにしても化粧というのは、武器にも遊び道具にもなってすごいですね。

お知らせ

最近、私と同じようにブログで生活しているお友達を募集中です。

楽しいこと、ツラいことを共有させて頂ければ幸いです。

ツイッターまたはメールにてご連絡お待ちしております。

どうぞ宜しくお願い致します。

ツイッター:@UWANOSORA_COM

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ