4月1日は魚の日!?エイプリルフールよりも魚型パイ食べよう!

うわの空ブログ管理人の翔です。

もうすぐ4月1日のエイプリルフールですね。

まぁエイプリルフールネタはまた後日書くとして、今回は「ポワソンダブリル」について書いてみたいと思います。

「?」となっていると思うので解説すると、フランスでは4月1日のエイプリルフールのことを「ポワソンダブリル」と呼んでいるようで、何やら魚型のパイを食べたりするみたいなんです。

全然なじみのないイベントですが、書いてみましょう。笑

Sponsored Link

ポワソンダブリルとは

フランス語で4月の魚という意味です。この場合の魚は「サバ」を指しています。

簡単に言うとフランス版エイプリルフールですが、魚の形をしたパイを食べたり、魚の絵を誰かの背中に貼ってイタズラしたりする日みたいです。

魚の絵を貼るイタズラの意味がよくわかりませんが、それは置いておいて魚型のパイだけピックアップしましょう。

魚型パイ「ポワソンダブリル」

davril2
ちなみに画像ではイチゴが使われていますが、魚の形さえしていれば、何を乗せてもいいみたいですよ。

クックパッドで調べると、りんごでウロコを表現している人もいました。

みんなで集まって作れば、なんとなくパーティ気分が味わえるかもしれませんね。

まとめ

今回はポワソンダブリルについて書いてみましたが、正直言って題材を失敗しました。笑

特に背中に魚の絵を貼るイタズラが理解できません。

多少調べてみたんですが、サバには「あまり利口ではない」という意味があるみたいで、それが要因としかわかりませんでした。

まさしくこの題材を選んだ私はサバですね。笑

それよりも、4月1日に魚型のパイでも作ってイベント気分を味わうことに意味があるんでしょう。(プラス思考)

ということで、また普通にエイプリルフールの記事書きます!

Sponsored Link

お知らせ

いつも遊びに来て頂いてありがとうございます。

今後は記事だけでなく、動画などもアップしていこうと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

ツイッター:@UWANOSORA_COM

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ