ミルクカフェで人気読者モデルに会えるって本当!?

うわの空ブログ管理人の翔です。

今回は「ミルクカフェ」について書いてみたいと思います。

なにやら人気読者モデルに会うとができるカフェのようだが、果たして本当だろうか?

さっそく調べてみましょう。

Sponsored Link

ミルクカフェとは?

ミルクカフェ外観
元読者モデルをやっていたオーナーが、読モ仲間で気軽に集まれる場を作ろうとオープンしたのがミルクカフェです。

2007年にオープンし、今では雑誌「mina(ミーナ)」「chokichoki(チョキチョキ)」などの人気読者モデル40人がスタッフとして働いているようです。

もちろん読者モデルなので、まだまだ無名の方も多く含まれていると思いますが、雑誌を見て「かっこいい!」とか「かわいい!」なんていうお目当の人を発見したら、1度探してみるのも面白いかもしれないですね。

最近ではカフェで働くイケメン見たさに、お茶をしに行く女性も多いみたいなので、ある意味このミルクカフェなら間違いないですよ。笑

しかもお店のスタッフと写真を撮ることも出来てしまいます!ファンには熱いサービスですよね。

もちろん人気読者モデルが働くようなカフェなので、内装面でも申し分なくオシャレに作られており、普通のデートなどでも利用できると思います。

ミルクカフェの営業時間とメニュー

営業時間は午前11時30分から翌朝5時までと、かなり長く設定されています。

メニューもランチやカフェ、スイーツだけでなく、ディナー料理やお酒まで幅広いラインナップのようです。

営業形態はカフェというよりバルのようなイメージでしょう。

中でも特におすすめな商品が「特製ミルクモッフル」と言われるスイーツです。

Sponsored Link

ミルクカフェの「特製ミルクモッフル」とは?

一般的に知られているワッフルではなくモッフルを使ったスイーツです。

モッフルというのは、お餅を四角いワッフル状に焼いた物を指していて、モチとワッフルの融合からモッフルと名付けられています。

日本で生まれたモッフルは、外側が「サクッ」中は「モチッ」という食感で、ワッフルよりもカロリーが低いので女性に人気です。

特製ミルクモッフルは、熱々に焼いたモッフルに冷たいアイスと特製ソースをかけたスイーツらしく、想像するだけで美味しそうですよね。

ミルクカフェまとめ

1番の売りは読者モデルがスタッフとして働いているところにありますが、カフェとしての内容も十分充実しているので、ぜひ行ってみたいと思いました。

私の場合、読者モデル自体には興味はありませんが、ファッションの勉強として行ってみるのも面白いかもしれないですね。

(実は特製ミルクモッフルが食べたいだけなのは、秘密です。笑)

場所は東京都・渋谷駅から徒歩7分のところにあるので、東京に遊びに行かれた際はミルクカフェで休憩するか、前回紹介したコンビニバルに立ち寄ってみることをオススメします。

前回紹介した東京都・日本橋にあるコンビニバルの記事はこちら
「コンビニバル」が東京の日本橋に登場!

お知らせ

最近ようやくトップページのレイアウトが固まりました。

ご迷惑をおかけして、申し訳ございません。

また遊びに来て頂けるのを心よりお待ちしております。

ツイッター:@UWANOSORA_COM

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ