Macを使って簡単にiPhoneの画面を録画する方法

今回はMacを使って誰でも簡単に、iPhoneの画面を録画する方法を紹介します。

いつ使うのか?

例えば、スマホ用のアプリを紹介する動画や、スマホゲームの実況動画作成にも役立てます。

iPhoneの画面を丸ごと録画できるので、新しい機能を解説する動画なんかも作成することが出来ます。

Sponsored Link

動画撮影に使う物

①iPhone
この画面を丸ごと録画します。

シリーズは古くても大丈夫です。

②Mac(OS X Yosemite)
古いOSバージョンだと撮影ができないので、最新版にアップデートを行いましょう。

iTunesにて無料でアップデート出来ます。(多少時間は掛かります)

③QuickTimePlayer
無料の動画再生ソフトです。

初めからインストールされいていると思いますが、無ければダウンロードしてください。

④パソコンにiPoneをつなぐコード
充電コードでつなぐことが出来ます。

100均でも売っているので、専用として準備してもいいです。

以上4点で撮影の準備は完了です。

それでは撮影方法を説明します。

動画の撮影方法

まずMacにiPhoneを接続します。

次にQuickTimePlayerを起動します。

QuickTime1

Dockにアイコンが表示されると思いますので、右クリックを押して新規ムービー収録を選択します。

QuickTime2

画面中央に表示された赤丸の横にある小さなボタンを押して、カメラと音声のところをiPhoneに切り替えます。

QuickTime3

これでiPhoneの画面全体と、iPhone内の音声を録画の対象に設定出来ました。

この時の注意点はiPhoneのマナーモードを解除することぐらいです。

マナーモードのままだと音声が出ません。

あとは自分の紹介したいアプリを起動して、画面中央の赤丸ボタンを押せば録画スタートです。

QuickTime4

簡単すぎますよね。

録画終了は画面中央の四角いボタンを押すだけです。

QuickTime5

最後に動画の保存方法ですが、録画が終了したら左上のバツマークをクリックして題名を入力すれば完了です。

QuickTime6

まとめ

この方法を使えば誰でも簡単に撮影できます。

しかもこの方法だとアプリの音ズレがほとんど発生しません。

撮影した動画をYouTubeやニコニコ動画にアップして、共有することも可能なので、ぜひチャレンジしてみてください。

お知らせ

最近ツイッターをはじめました。

もしよかったら、絡んでやってください。

ツイッター:@UWANOSORA_COM

よろしくお願いします。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ